肝斑と間違えやすいシミについて学びましょう

診断が大切

これから紹介するシミは、肝斑治療と同じように治療できるものや、治療方法が異なるものもあるので、しっかりと診断できる専門医に診断してもらうことが大切です。大阪には皮膚科の専門医がいるクリニックもあるので、探してみてくださいね。

シミの種類

レディ

老人性色素斑

老人性色素斑とは、発症年齢が肝斑と同じで主に30歳台~40歳台です。形は茶褐色ですが、肝斑と異なる点は肌との境界線が不明瞭であるということです。
原因は主に、紫外線刺激によるメラニン色素の蓄積だと考えられいます。また、歳を取ると皮膚のターンオーバーが遅くなるため、それによって蓄積したメラニンがなかなか輩出されないことも原因の一つだと考えられています。

後天性真皮メラノサイトーシス

このシミは、額や頬の骨のあたりにできるシミです。通常のシミは皮膚の浅いところにできるのですが、この病気は、皮膚の深い層である真皮にできることが特徴です。また、いくつかのシミが集まってできることが多く、原因ははっきりしていません。症状が進行すると、青い痣のようにみえることがあります。

色素沈着

色素沈着は、年齢に関係なく発症します。なぜなら、色素沈着の原因と言われているのが、ニキビ、アトピー症状、傷、かぶれ、やけど、虫刺されだからです。これらを要因にして、そこにメラニンが蓄積してちまうのが色素沈着の原因です。しばらくすれば、皮膚のターンオーバー機能で、自然と治る事が多いのですが、時々いつまでたっても治らないことがあります。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は、肝斑と違って男性にも見られるシミです。肝斑が平面的なシミであるのに対し、脂漏性角化症は立体的に盛り上がるシミなのですぐにその区別がつきます。顔だけでなく、首や手の平、頭皮など全身どこにでも現れます。

そばかす

そばかすはその正式名称を雀卵斑といいます。主に、幼稚園にあがることから、高校生くらいにかけて、1ミリから4ミリ程度の小さなシミが鼻周りや目の周りにできることが特徴です。
顔以外にも背中にも発生することもあります。

広告募集中