肝斑ができる原因とその対策について知りましょう

肝斑の原因と対策

美容整形

女性ホルモン

肝斑のできる原因は、女性ホルモンであるといわれています。なぜなら、肝斑は妊娠期にある人や、更年期前の人に多いと言われているからです。また、ピルを飲んでいる人も肝斑ができる傾向にあると言われています。このように肝斑の発症には女性ホルモンが深く関わっていると言われています。しかし、女性ホルモンがどのように作用して肝斑ができるのかその原因はよくわかっていません。

紫外線による刺激

紫外線は、私達の肌の細胞の中にある遺伝子を傷つけます。そこで、肌を紫外線から守るために、メラノサイトと呼ばれる細胞がメラニンの分泌を促します。すると、肌が茶色くなって、紫外線から皮膚を守ることができます。
このメラニンがシミの原因で、それは肝斑も同じです。女性ホルモンだけでなく、紫外線も肝斑を引き起こす原因と考えられています。

ストレスが原因

実はストレスも間接的に肝斑の原因とされています。なぜなら、肝斑の原因と考えられている女性ホルモンの分泌量がストレスによって変化するからです。私達は強いストレスを感じると、脳がストレスに対抗するために抗ストレスホルモンの分泌を促します。これにともなって女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
そして、女性ホルモンの乱れが肝斑の発症原因になるというわけです。

ホルモンバランスを整えよう

肝斑の原因が女性ホルモンであることはわかっているので、ホルモンバランスを整える生活習慣を心がけることで、肝斑の発症や悪化を防ぐことができます。
過度な飲酒や喫煙をなるべく避けて、十分に睡眠をとるようにしましょう。
また、入浴後に軽くストレッチをするのも効果的ですよ。
対策方法がわからない場合は、クリニックのカウンセリング時に相談してみましょう。大阪のクリニックでは、女性のスタッフが多いので女性同士でしか話せないことも相談しやすいですよ。

紫外線をカットしよう

紫外線による肌への刺激はメラニンを生み出す原因となります。そのため、紫外線対策を心がけましょう。
なるべく日光が強い場所では、日傘や帽子を活用したり、日焼け止めを塗ったりしましょう。
屋内でも、窓から紫外線は当たるので、屋外に出る予定がなくとも日焼け止めクリームを塗っておくことは効果的ですよ。

広告募集中